外壁塗装

日々私達の大切なお住まいを雨風から守ってくれている外壁。
その外壁が傷まないよう、保護しているのが、“外壁塗装”の存在です。

塗膜に寿命が来ているのに、塗り替えずそのままにしておくと、外壁は直接ダメージを被り、ひび割れたり、カビが生えたり、ひどい時には雨漏りして、家の基礎部分を腐らせてしまうことも。
このような事態を防ぐためにも、約10年に一度は外壁のチェックを行い、適切な時期に塗り替えることが必要です。

最近では防水性だけではなく、防汚性や遮熱・断熱性を備えた塗料が一般的に。
予算と日々のお悩みを踏まえ、最適な塗料を選ぶことで、より暮らしが快適になります。


■ ここをチェック!塗り替え時期のサイン

□ ツヤが無くなっている
 【危険度★】
この段階では、まだ建物にダメージが及んでいることはありません。
塗装後2~3年経ったころの外壁は、このような状態にあることが多いです。

□ 汚れが目立つ、色あせている
【危険度★★】
汚れや色あせが見られたからといって、急いで塗り直す必要はありませんが、塗膜の劣化はかなり進んできています。
もうしばらくすると工事が必要になりますので、塗り替えの計画を早めに立てておくのがおすすめです。

□ 壁を手でさわると、白い粉がつく
 【危険度★★★】
この現象はチョーキングと呼ばれており、紫外線によって塗料が分解され、粉状になっていることを指しています。
ご自宅の外壁にこのような症状が見られたら、塗り替えのタイミングといっていいでしょう。

□ ひび割れている、コケが生えている、塗膜が剥がれている
【危険度★★★★】
塗り替え時期をすでに過ぎており、大変危険な状態です。
外壁を保護する塗膜が劣化し、外壁にダメージが及んでいますので、塗り替えだけでなく、下地の補修が必要になる場合があります。

一覧に戻る

▲TOPへ